ジョブリーチ

障がい者のための求人サイト ジョブリーチ

ログイン

  • 特大

障がいの内容別 就職・転職アドバイス

 

上肢障がい >>   下肢障がい >>   聴覚障がい >>   内部障がい >>   視覚障がい >>
知的障がい >>   精神障がい >>

 


上肢障がいの方

 

重いものを運ぶ

 

<作業スピード>

スピードを要求される業務については、自らの作業スピードを数値として説明できると良いでしょう。また、どういった支援機器を使用すれば作業効率がアップするか、企業側に忘れず伝えましょう。例えば、パソコンを使った入力作業の際の音声入力ソフトなどです。今はなくても入社時に導入してもらえれば大丈夫ですから、どのような機能があれば良いのかまとめておくと説明がしやすくなります。

 

<重量物運搬>

障がいが指の欠損等の場合、企業は「細かい仕事はNGでも運搬はOK」と捉えがちです。どの程度の物までなら持てるかを明確に説明しましょう。

 

<設備>

ドアノブでの開け閉めが困難であれば、自動ドアやスライド式ドアの設置されたオフィスを選ぶと良いでしょう。バリアフリー化されたオフィスであれば問題ないので、企業選びのポイントになるでしょう。

 

 

上肢障がい者向け求人はこちら

▲ このページの先頭へ

 


下肢障がいの方

 

バリアフリー環境

 

<通勤>
自宅の最寄り駅からの電車の乗車時間と乗り換え回数を確認しましょう。乗り換え回数が少なくても、混雑する大きな駅での乗り換えは負担になるので、通勤経路は何パターンか検討してみましょう。車通勤に関しては、都心より郊外のオフィスのほうが家賃等の関係でオフィスが広めで、駐車場も利用できる場合が多いようです。
<オフィス内バリアフリー>

企業は、下肢に障がいがあれば、エレベーターや車椅子用トイレなどの施設面で大きな配慮が必要だと解釈しがちです。
しかし、階段の手すりと洋式トイレがあれば対応可能な下肢障がい者が多いのも実情です。このあたりの設備は既に設置されている場合も多いので、「こういった施設があれば大丈夫」ということを事前にしっかりアピールすることで、就業の機会が広がります。

 

下肢障がい者向け求人はこちら

 

▲ このページの先頭へ


聴覚障がいの方

 

筆談

 

<情報伝達対応>

企業によっては「聴覚障がい=手話や筆談が必要」といった程度の理解しかないことも多いので、例えば「ゆっくり大きな声で話せれば、通常のコミュニケーションは大丈夫です」といった内容を伝えることで、企業側は就労時の姿をイメージしやすくなります。

普段のコミュニケーションに不安がなくても、会議などでは複数の発言を聞き取るのが難しい場合もあります。もし必要であれば、手話通訳者やノートテイクを依頼できるかどうか問い合わせてみましょう。

 

<電話業務>

電話業務が可能であれば、それだけ仕事の幅が広がります。企業によっては難聴用電話機や音声増幅器を用意しているところもあるので、調べてみることをおすすめします。

 

 

聴覚障がい者向け求人はこちら

 

 

▲ このページの先頭へ

 


内部障がいの方

 

通勤時の駅

 

<業務制限>

内部障がいをお持ちの方は、「何ができて、何ができない」のかを明確に伝える必要があります。障がいが目に見えるわけではないので、企業側としてもどこまで負荷を掛けて良いかが判断できないからです。

特に透析が必要な場合、生命に関わるわけなので、そこを企業にしっかり認識してもらわなければいけません。ただ、「透析の必要な方は週3日休みになるから、業務に支障が出てしまう」といった解釈をしている企業もあるので、「夜間透析を利用するので、透析日も16時までなら勤務可能です」などと伝えることによって、就労のチャンスは広がります。

 

<体調>

体調に不安がある場合やラッシュ時の通勤を避けたい場合は、フレックスタイムなどを利用できる企業であれば、柔軟に出勤時間を調整することも可能です。

また、勤務中の体調不良などに備えて健康管理室を設置していたり、産業医や看護師が常駐している企業もあります。

 

心臓機能障がい者向け求人 じん臓機能障がい者向け求人 肝臓機能障がい者向け求人

 

呼吸器機能障がい者向け求人 膀胱機能障がい者向け求人 直腸機能障がい者向け求人

 

小腸機能障がい者向け求人 免疫機能障がい者向け求人


▲ このページの先頭へ

 


視覚障がいの方

 

駅ホームの点字ブロック

 

<設備>

オフィスの案内板や使用する機器に点字があれば、業務上のミスや間違いも防ぐことができます。パソコンに拡大読書器や音声読み上げソフト等を導入している企業もありますので、いずれも現状ではなかったとしても、後から対応が可能な場合もあります。事前に確認してみましょう。
<通勤経路の安全>
最寄り駅からオフィスまでの道に点字ブロックはあるか、交通量は多すぎないか、横断歩道のない車道の横断などはないか、事前に確認しておきましょう。

 

視覚障がい者向け求人はこちら

 

▲ このページの先頭へ


知的障がいの方

 

梱包作業

 

<業務内容理解>
障がいの内容によっても大きく異なりますが、通常業務の中で「何ができて、何ができないのか」をしっかり説明する必要があります。例えば、「計算を伴う業務以外は、順を追って説明すれば時間はかかるが問題なくこなせるようになる」といった感じです。
知的障がい者の中には、単調な業務を長時間継続することに高いパフォーマンスを発揮する人もいるので、そういう強みはしっかりアピールしましょう。
ただ、知的障がい者本人はこうした説明能力を欠いている場合もあるので、施設や就労支援センター、ジョブコーチ等のフォローが不可欠です。

 

知的障がい者向け求人はこちら

 

 

▲ このページの先頭へ

 


精神障がいの方

 

パソコンのキーボードで入力

 

<コミュニケーション>

精神障がいの方の場合、業務処理能力そのものは健常者と比較しても遜色ない場合が多いのですが、周囲とのコミュニケーションという点で企業が二の足を踏んでしまうケースがあります。そこで、周囲とのコミュニケーションが最小限の自己完結型業務(例:データ入力など)でのアピールができれば、かなり有効です。

 

<情報処理能力>

精神障がいの方のもうひとつの特徴として、同時に複数の情報を処理するのが苦手であるということがあげられますが、コミュニケーション面と併せて「何ができて、何ができないのか」を具体的に説明することが重要です。

精神障がいの場合は、他の障がいと比較して特に情報が少なく、また障がいが目に見えるものではないため、企業側の理解が乏しいことも珍しくなく、より細かな説明が必要となります。

 

 

精神障がい者向け求人はこちら

 

▲ このページの先頭へ